院長ご挨拶
深沢 祐之

早いもので、この世田谷の地に深沢クリニックを開院し、三十数年になろうとしています。私たちは内科(深沢 祐之・千香子)小児科(深沢純子)として、一貫して信頼される地域のホームドクターを目指して参りました。
日々進歩する医療のなかで、常に「質の高い医療」を提供することに努力しながら同時に「診断・治療・サービス」すべての場面で「来院される患者様のためになること。患者様が満足できること。」を第一の理念としてきました。
その理念はいささかも変わることはなく、平成8年クリニック新築移転時も駐車場(7台分)、快適な待合室(内科小児科別。小児科プレイルームあり)、点滴処置ベッド4台と設備の面も最大限に患者様本位を心がけた次第です。
診療においても休日の検査や早朝からの検査や処置も可能で、患者様の都合を考慮し、相談に応じています。小児科も8時40分より診察開始し、仕事をもつお母様らに好評です。また、若手医師2人も非常勤として加わりほぼ毎日が医師3人で診察を行い、待ち時間の短縮と、医師同士が意見を交換し会うことでさらに質の高い医療を提供できる環境となっています。
このたびホームページをご覧になっていただいた方々には、深沢クリニックをより身近に感じ、来院される際の参考になりますよう願っています。

小児科医長ご挨拶
深沢純子

世田谷のこの地で生れ育ち、そしてこの地で小児科診療をはじめて三十数年になろうとしています。
大切なお子さんの健康をお預かりする小児科医として「親切、丁寧、細心、緻密」(同業の父の教えでもある)を常に心がけ診察に努めて参りましたが、この間に小さなお子さんだった方が母親になり、またそのお子さんを当クリニックにお連れになっているのを拝見すると大変感慨深く思います。

クリニックは平成8年に現在地に移転・新築いたしましたが、自身の育児経験を生かし母親の視点からもより良いクリニックを目指しました。
外来診察室・待合室は小さなお子さんとお母様・お父様方が快適に過ごせるよう工夫を致しました。待合室は小児科を独立したスペースとし、滑り台をはじめ玩具、子供番組専用テレビ、絵本を常備しています。感染症隔離室、授乳室、女性トイレにはおむつ交換シート、浄水器つき水飲み場を設けました。診察室も明るく、不要な恐怖心をおこさないように配慮しました。受診したお子さまの病状や相談をお母様方とゆっくりお話しするため、診察室にもおもちややぬいぐるみを用意しました。また、診察後、体調の悪いお子さまを連れてさらに院外薬局に行くことは、親子ともに負担になっていることと思われるため、お薬は院内処方としています。

現在小児科医不足が叫ばれていますが、今後も地域の小児科専門医として、お子さんの良きホームドクターとして精進していきたいと思います。
トップへ戻る ごあいさつ ご案内 内科 小児科
検査科目ご案内 医師紹介・プロフィール 病院案内 世田谷区弦巻・桜新町地区感染症リポート ちかこ先生の子育て日記